子供サッカー練習応援

少年サッカーを中心。ジュニア世代、ジュニアユース世代 Uの代表、ナショナルトレセン、地域トレセン等の 年代別サッカーに関する情報をお届けします。

ホーム / バーモントカップ第32回決勝注目はブリンカールの宮地諒多くん

バーモントカップ第32回決勝注目はブリンカールの宮地諒多くん

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

バーモントカップ第32回決勝注目はブリンカールの宮地諒多くん

 

バーモントカップ 第32回全日本U-12はブリンカールが優勝。

もうね、強すぎます。

さすがフットサル専門チームなんで、戦術指導もされていますし、これに勝てる小学生はいないかなと思います。 


戦術指導だけが強さの秘訣じゃなくて、個々のレベルも非常に高いんですよね。

戦術だけじゃ勝てませんから。

ちなみに、うちもブリンカールにボコられているので、強すぎるのは肌で感じています。

 

内情は知りませんが、ブリンカールの戦術、個人技指導を受けれるのは幸せだと思います。

ブリンカールで育った人は、その守備力をサッカーに生かしたら活躍は保証されます。

フットサル=サッカーの守備は似ているのに、サッカーになると、なぜかボールを追いかけまわすプレーする子が多い。

 

この試合で気になった注目選手は宮地諒多くんです。

彼は小柄で左利きなのに、珍しくフィクソやってるんですよね。

後半からアラになったぽいですけど。

 

なかなかこの手のタイプで後ろやる左利きはいないので、とても珍しいと思いました。 

しかも運動量豊富です。左利きで小柄で運動量豊富は、かなりレアキャラです笑

彼がサッカーでトップ下に入ったらどういったプレーをするのか気になります。

サッカーをしたら右サイドかトップ下をやらされると思いますから。 

日本のJ1リーグあたりは、ほとんどトップ下廃止されていますけどね笑

海外はトップ下多いんですけど、J1リーグのトップクラスのクラブ相手になると、トップ下に縦パスはほぼ入らないレベルなんで。


中学では、もっとウェイトと身長をあげてけば良くなると思いますし、将来フットサルかサッカーどっちをとるのかも注目です。

 

画像はJFA公式です

https://www.jfa.jp/match/vermontcup2022/